Shikiてくてく珍道中

日本について『ちょっと知りたい・ちょっと気になる』をお助け・お届けします。

【古事記】天地のはじめ2

前回→日本初のユニットは神様5柱グループ「別天神(ことあまつかみ)」。

 

さらに続いて神様どんどん大量発生。

そしてどんどん世界が形になっていきます。

 

実はこの神様たち…それぞれ土地ができていく過程の擬人化(擬神化?)なのです。

(ケーキのようにどんどん上に重ねていくイメージでどうぞ🎂)

 

お次はこの二柱。

でもこちらもすぐにお隠れになります。

1、国常立神(くにのとこたちのかみ・独神)…地上を守る神様。

これから物を乗せるためのベースの出来上がり

(・∀・) {ケーキの台紙を用意します

 

2、豊雲野神(とよくもののかみ・独神)…大地の成立、整備。

上にいろんなものをのせる準備ができました。

(・∀・){ケーキの完成予想図を見ます

 

 

ここからは男女一組。二人で一柱とかぞえます。

(めんどくさい)

 

 

3、宇比地邇神(うひじにのかみ)&須比智邇神(すひじにのかみ)…泥&砂の意味→土砂の神様。

土地ができます。

(・∀・) {下のスポンジケーキができました

 

4、角杙神(つのぐいのかみ)&活杙神(いくぐいのかみ)…生物の育成の神様(角→生える、活→生育)。

生物が繁りはじめます。

(・∀・) {スポンジとスポンジの間にフルーツ挟みます

 

5、意富斗能地神(おおとのぢのかみ)&大斗乃弁神(おおとのべのかみ)…この神様あんまり詳しくわかってないのですが、大地の凝縮、とされています。

土地が完成!

(・∀・) {スポンジを重ねてクリーム塗って…スポンジケーキ完成!

 

6、於母陀流神(おもだるのかみ)&阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)…これも諸説あり。おもだる→完成、あやかしこし→まあ!すごい!の意味。

つまり二人並べて現代語にすると「完成!!」

 

何が完成かというと…人!人間の体ができました。

(・∀・) {お次はイチゴを乗せていきます

 

7、伊耶那岐神(いざなぎのかみ)&伊耶那美神(いざなみのかみ)…男と女を象徴する神様。この二人がであったことが全ての始まりである…

(・∀・) {真ん中のイチゴには男の子と女の子の顔を書きましょうね、よーし、ケーキ完成!!

 

 

以上、世界ができてから人が現れるまで(一応みんな神様だけど)のケーキを作り上げた七柱のグループを・・・

神世七代(かみよななよ)』といいます!

人類(神類?)史上、二つめのユニットです。

 

 

 

天地のはじめ おわり