Shikiてくてく珍道中

日本について『ちょっと知りたい・ちょっと気になる』をお助け・お届けします。

【珍道中】江戸ねこ茶屋ータイムスリップ編ー

かたおか「………」

ふっちー「………」

はたなみ「猫の余韻が……半端ない……」

(たった1時間とは思えぬ時の流れのゆっくりさでした)

 

はたなみ「でも!せっかく両国に来たから!江戸時代のお勉強しよ!」

 

f:id:shiki-japanculture:20181201144322j:image f:id:shiki-japanculture:20181201144339j:image

 

 

江戸東京博物館

せっかく両国に来たのでちょっとお勉強…と立ち寄ったのが江戸東京博物館

江戸時代~東京までの歴史や文化について史料を見たり、実際に体感したりできる、まさに江戸時代ににタイムスリップできるスポットなのです。

 

3人「いざゆかん江戸時代!」

 

f:id:shiki-japanculture:20181201143016j:image
f:id:shiki-japanculture:20181201143023j:image
f:id:shiki-japanculture:20181201143019j:image
f:id:shiki-japanculture:20181201143010j:image

 

はたなみ「江戸の住まいや職業、商い、お祭り、交通、歌舞伎などの娯楽……ジャンルが幅広くて興奮が止まらない…!!!」

ふっちー「江戸マニア大喜びだ。あ、寿司の屋台がある」

かたおか「ハッ」

 

「すし〇んまい!!」

 

f:id:shiki-japanculture:20181231150825j:image

 

はたなみ「……。」

ふっちー「寿司ってこうやって売られてたんだ」

 

江戸時代にできた握り寿司。

当時は赤酢を利用していたようで、ご飯が茶色いです。

 

f:id:shiki-japanculture:20181201143054j:image

 

ちなみに、赤酢を使ったお寿司は江戸NORENのつきぢ神楽寿司で食べられるそうです。

 

少し進むと人力車と自転車を発見!

 

f:id:shiki-japanculture:20181231151007j:imagef:id:shiki-japanculture:20181231151015j:image

f:id:shiki-japanculture:20181231151027j:imagef:id:shiki-japanculture:20181231151030j:image

 

こちらの施設、「江戸東京博物館」というだけあって 江戸時代がメインなのですが、明治時代~現代までの展示もあります。

東京の歴史、文化を順を追って学べるのできっと新しい発見があるはず!

学生さん、外国人の方もたくさんお見掛けしました。

 

私たちが訪れた時は期間限定でこんな展示が。 

f:id:shiki-japanculture:20181231151847j:image f:id:shiki-japanculture:20181231151825j:image f:id:shiki-japanculture:20181231151831j:image f:id:shiki-japanculture:20181231151840j:image

 

最後にはこんな記念写真も撮れます。

江戸博なうのボード持った写真

f:id:shiki-japanculture:20181231151055j:imagef:id:shiki-japanculture:20181231151058j:image

 

⑥江戸NOREN再び…

江戸タイムスリップを終えた一行。

時間的にもそろそろ解散ムードでしたが…?

 

はたなみ「江戸文化堪能した~…とりあえず駅まで戻ろうか」

かたおか「けっこう長居しちゃったね、そろそろ帰……」

ふっちー「ジッ……」

かたおか「ふっちー?何見て………ハッ……?!」

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 駅に抹茶パフェの誘惑 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

江戸NOREN内「両国橋茶房」 

 

f:id:shiki-japanculture:20181201143353j:image 抹茶わらび餅パフェ 880円

f:id:shiki-japanculture:20181201143611j:image

抹茶パフェ 980円

f:id:shiki-japanculture:20181201143615j:image

 抹茶黒蜜パフェ(ほうじ茶アイスに変更) 880円

※価格はすべて税込み

 

木の装飾がとっても素敵な店内で美味しいお茶のパフェをいただきました。

3人「ごちそうさまでした!」

 

甘いもの補充して幸せいっぱいな三人…

 

ふっちー「床にも土俵書いてあったんだここ」

かたおか「ならばやることは一つ」

 

誰もいない江戸NORENで相撲を取る二人。

f:id:shiki-japanculture:20181231151203j:image

はたなみ「どっちかっていうと紙相撲…」

 

f:id:shiki-japanculture:20181231151231j:image

 

かたおか自滅。

 

 

駅前だけでいつまでも遊べてしまう、恐るべき両国のポテンシャルを体感した一日となりました。

 

f:id:shiki-japanculture:20181201152025j:image
f:id:shiki-japanculture:20181201152028j:image

 

改札をくぐる寸前まで楽しい!

 

おわり

 

今回の訪問スポット

江戸東京博物館

9:30~17:30 (土曜日は9:30~19:30)

※入館は閉館の30分前まで

休館:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始

入館料:一般 600円 大学生・専門学校生 480円 高校生・中学生(都外) ・65歳以上 300円

www.edo-tokyo-museum.or.jp

 

〇両国 江戸NOREN

www.jrtk.jp

 

〇両国橋茶房
03-6658-8037
東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13202753/

 

◯つきぢ 神楽寿司

https://tukijikagura.jp/store/kagura-sushi-ryogokuhonten

ナマハゲ、ユネスコ無形文化遺産へ登録決定!そして、来訪神とは何ぞや?

f:id:shiki-japanculture:20181208145043j:image

 

みそかの晩に「怠け者はいねがー。泣く子はいねがー」といって突撃訪問をかましてくるナマハゲ。

怖い顔してますが実は厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす神さま。

なんとこの神さま…無形文化遺産になります(厳密には違うけど世界遺産みたいな感じ。「和食」とか「歌舞伎」とかと同じ扱いに!)!!

ユネスコ無形文化遺産にナマハゲなど8県の「来訪神」 - 産経ニュース

https://www.sankei.com/life/news/181129/lif1811290028-n1.html

   

秋田出身というと、言われることトップ3が

「秋田美人だね」

「酒、強いでしょ」

「ナマハゲって怖かった?」

です。

 

 秋田美人に関しては、秋田の女子(おなご)に課せられた十字架のようなもので、言われた瞬間(気を使わしてすまん・・・)という、お世辞への遠慮と感謝が入り混じった愛想笑い200%を発揮します。いや、嬉しくないわけではないんですが・・・。

 

酒が強いに関しては、私自身は酒好きですが、下戸の酒飲みで日本酒なら四合瓶程度で酔うので強さは程々です。しかし会社の社員旅行では貸切バス乗ったらまず缶ビールで乾杯でした。他の地元企業でもそんな感じらしいので、強い弱いはともかく飲酒量は確かに多いかもしれません(ちなみにその旅行、ちゃんとソフトドリンクもありましたのでアルハラではないです)。

 

ナマハゲに関してですが、これは説明するのに少々時間がかかりました。

「いや、ナマハゲは実物見たことないっす」

「え、だって秋田出身でしょ」

 という一連のやりとりのあと、ナマハゲという行事は、秋田県男鹿半島周辺の来訪神であって、秋田県全土に来てくれるものじゃないんだ。真冬に家に来てくれるものといえばサンタさんくらいだ。という話をするのです。

 

ここで「来訪神(らいほうしん)?」という質問が来ると、池上彰のような顔になって「良い質問ですねぇ」と話し出すのですが、上記の会話はいうなれば「あ、初めまして~」導入部分なので、そんなコアは話題に発展する機会はなかったです。

なので、ここで勝手に話し出しちゃいます。

 

来訪神(らいほうしん)とは、簡単にいえば特定の時期に、人間の世界とは異なる世界(異郷)から来て、福や富を授け、再び元いた世界に帰っていく神様のことです。

常に人間の世界にいるわけではなく、訪ねて来るので、来訪神。まあ、そのまんまですね。

けど、そのまんまの意味の、この来訪神という概念、日本だけでなく世界各地にずっと昔からある概念なのです。

 

例えば、お祭りの後で、せっかく作った神輿や山車を盛大に燃やしたり川や海に流したりしますよね。あれは祭のときに異郷からお迎えした神様を、元いた異郷へ送り出す意味があるのです。

また、かつては田植えの前に簡単な神棚を設け田の神を迎える行事がありましたが、あれは田植えに際し田の神様を異郷からお迎えするためなのです。

こういう臨時の神様をお迎えしたり、送り出したりする行事が日本のみならず世界の至る所にあります。

 

思えばサンタクロースだってそうですよね。あの行事はキリスト教信仰と土着の民間信仰が合わさるなどして長い歴史を辿っていますが、特定の時期に異郷からやって来て、人間に福を授けて帰る点など、まさしく来訪神。

だからこそ、世界中に広まったのかもしれません。

 

せっかく来たんだから、帰らずにずっとここに居てくれよ神様、主にサンタさん。なんて思うかもしれませんが、来訪した神様は役目を終えたら必ず元いた異郷に帰らなくてはならないのです。なぜなら、帰らないと祭が終わらないからです。

 

祭というのは非日常です。民俗学用語でいえば「ハレ」の時間ですが、これが終わらないのは恐ろしいことなのです。感覚的な話なので、具体的に何がとは言えませんが、正月三が日のように昼から暴飲暴食して布団と愛し合う日々が2月になっても続いているのに、誰にも怒られないどころか、みんなそんな状態だとしたら・・・、怖いでしょ。サンタさんだって、一年中常駐して子どもにプレゼントくれる神様だったら、今頃破産してます。

 

来訪神が人間の世界を訪ねる時は、人間にとって節目の時です。大晦日だったり小正月だったり、1年のリズムを形作る大事な日なのです。そういう日に異郷から来て「泣く子はいねがぁー!」と出刃包丁で教育的指導をしつつ福を授けるちょっと荒っぽい神様(秋田のナマハゲ)もいれば、凄まじい臭いのする泥を塗りたくって厄払いしてくれる神様(沖縄のパーントゥ)もいます。

 

なまはげ秋田県在住)

f:id:shiki-japanculture:20181208145556j:image パーントゥ沖縄県在住)

f:id:shiki-japanculture:20181208145602j:image 

 

こうした来訪神行事、かつてはもっと日本の至るところにあって、生活に根付いた行事だったのかもしれません。

私も子どもの頃に、ナマハゲみたいな来訪神に会ってみたかったです。きっと本当に異郷からやって来た、怖くて懐かしい、異形の神様に見えたでしょう。

 

 

【珍道中】江戸ねこ茶屋-いざ!お猫様!!編-

はたなみ「仕切り直して、江戸ねこ茶屋行くぞ!!」

2人「待ってろお猫様」

 

f:id:shiki-japanculture:20181201144251j:image f:id:shiki-japanculture:20181201144256j:image

 

④江戸ねこ茶屋

       \いらっしゃいニャアーン/

f:id:shiki-japanculture:20181107220106j:image 

f:id:shiki-japanculture:20181201141425j:image       \アタイがここの番頭よ/f:id:shiki-japanculture:20181107220058j:image

猫を描いた浮世絵を忠実に再現したセットの中で、たくさんの猫たちと触れ合えます!

 f:id:shiki-japanculture:20181107220308j:image

 

 この浮世絵たちは歌川国芳の浮世絵。

 常に数匹~数十匹の猫が工房にいて、懐に猫を抱きながら絵を描いていた、

といわれるほど無類の猫好きの浮世絵師さんです。

f:id:shiki-japanculture:20181107220149j:image f:id:shiki-japanculture:20181201140650j:image

ひたすらマイペースなおねこ様たち。

江戸時代でもみんなおねこ様の魅力には逆らえなかったようです。

 

f:id:shiki-japanculture:20181201140808j:image f:id:shiki-japanculture:20181201140835j:image f:id:shiki-japanculture:20181201140950j:image

 

奥には神社も。

 

f:id:shiki-japanculture:20181107220230j:image

はたなみ「神社の中にもおねこ様がいらっしゃる…」

かたおか「(おねこ様にモテモテになりますように)」

 

f:id:shiki-japanculture:20181201134941j:image f:id:shiki-japanculture:20181201140737j:image

かたおか「叶ったー!!!」

ふっちー「300円でおねこ様にモテモテになれるキャンディが買えます」

(ちなみにこの後食いしん坊に棒ごと掻っ攫われました)

 

こちらの江戸ねこ茶屋、チケット一枚1,500円で、60分の時間制です。

中でドリンクも買えますし、座るところもたくさん用意されており、まさに「茶屋」。

ゆったりとした空間でお茶を飲みながら、ひたすら猫を愛でる時間のなんと贅沢なことか!

 

      癒される〜/

f:id:shiki-japanculture:20181201141058j:image

 

はたなみ「セットも江戸らしさ満点で素敵だった…写真撮り足りない…」

ふっちー「みんなすごく人に慣れてたね、めちゃくちゃ撫でさせてくれた!一生分の肉球押したよ!」

 かたおか「犬派だったのに改宗しそう」

 

3人「おねこ様方、ありがとうございました!」

 

 

まだまだ可愛い猫たちの写真がたくさん!

写真館へどうぞ!(写真館は後日開設)

 

江戸ねこ茶屋は大人気で会期延長!!

2019年1月27日まで!

 

次回はせっかく両国に来たので少しお勉強…編

 

今回の訪問スポット

◯江戸ねこ茶屋(2019年1月27日まで)

営業時間:11:00~20:00(12/31~1/2はお休み)

※最終入場は19:00まで

料金:一般 1,500円  中・高生 1,200円

   ※60分制(延長は20分ごと 500円)

   ※小学生以下入場不可

edonekochaya.com

 

 

 

【珍道中】メンバー紹介

地方出身女子3人がいく、てくてく珍道中。

 

東京を中心に、日本のいいところをご紹介!

こんなところあるんだ!

値段は?価格はいくらぐらいなの?

地元ならでは…そんなスポットを歴史、文化、グルメ、イベントなどさまざまな観点からご紹介!

 

 

珍道中のメンバーはこちら!


はたなみ  日本文化と歴史を愛する
北海道出身


      ふっちー「手先不器用」
      かたおか「狛犬フェチ」

 


ふっちー  Sweetsと体を動かすことが好き! 
鹿児島出身
      はたなみ「SNSを駆使するイマドキ薩摩女子(さつまおごじょ)」
      かたおか「対パリピ性能MAX」
 


かたおか 何でもおもしろがるよ!ハイテンション小ボケ職人
兵庫出身

     はたなみ「でも以外と真面目」
     ふっちー「うん、真面目。」

 

このメンバーを中心にてくてくしながらいろいろなものを紹介していきます!

乞うご期待!
      

 

【珍道中】江戸ねこ茶屋-腹が減っては猫は愛せぬ編-

はたなみ「これいかない?」

 江戸ねこ茶屋(https://edonekochaya.com

f:id:shiki-japanculture:20181107215108j:image

二人「江戸……?」

二人「猫……?」

はたなみ「猫と言えば、日本でも平安時代から...」

ふっちー「ネコ?!?!!」

かたおか「ニャアア…………」

はたなみ「江戸時代で「ネコ?!!行こう行こう猫ねこネコネコ「ニャアアアアア ……………………」」」

 

 ということで、やって参りました、両国駅

 

今回のルートはこちら

両国駅→②国技館→③両国江戸NOREN→④江戸ねこ茶屋→⑤江戸東京博物館→⑥江戸NOREN(2回目)

 

f:id:shiki-japanculture:20181107215137j:image f:id:shiki-japanculture:20181107215134j:image

 

国技館

両国といえば国技館

f:id:shiki-japanculture:20181106200558j:image

 

国技館といえば…

f:id:shiki-japanculture:20181121013810j:image

ふっちー「きゃ♡」

 

敷地内には二つの神社も。

左が豊国稲荷で、右が出世稲荷です。

f:id:shiki-japanculture:20181107215355j:image

 

相撲の試合をやってなくても、力士さん(二次元)と一緒に写真が撮れたり、相撲グッズや力士さんたちのサイン色紙など見ているだけで楽しい場所でした。

 

③両国江戸NOREN&お昼

江戸ねこ茶屋に赴く前に、両国駅の隣にある江戸NORENで腹ごしらえをする一行。

 

かたおか「腹が減っては猫を愛せぬ」

 

f:id:shiki-japanculture:20181107215519j:image

 

両国らしく中には原寸大の土俵が!

f:id:shiki-japanculture:20181121020241j:image f:id:shiki-japanculture:20181120204403j:image

 

かたおか「土俵って意外と狭いんだ…」

はたなみ「こりゃあ一瞬で勝負つくわけだー」

ふっちー「(おなかすいた)」

 

江戸NOREN内のかぶきまぐろで昼食。

 

f:id:shiki-japanculture:20181107215609j:image

サーモン丼(1,000円)

f:id:shiki-japanculture:20181121012044j:image

カジキマグロ丼(1,300円)

f:id:shiki-japanculture:20181121012048j:image

粕漬け焼魚定食(1,000円)

※価格は全て税抜

 

3人「ごちそうさまでした!!!」

 

 

はたなみ「よし、じゃあ猫に…」

ふっちー「はっ」

f:id:shiki-japanculture:20181106203407j:image

 

かたおか「日本酒の自販機!?」

f:id:shiki-japanculture:20181106203453j:image f:id:shiki-japanculture:20181107215704j:image

 

はたなみ「…飲まねば!!」

 

f:id:shiki-japanculture:20181106204001j:image

 

冷やの日本酒だけでなく、自分で熱燗も作れます(名前わからない)。

f:id:shiki-japanculture:20181120205426j:image

 

かたおか「あっこれお冷…やじゃない!!!」

 f:id:shiki-japanculture:20181106203813j:image

日本酒だけでなくTOKYOクラフトビールも楽しめます。

 

3人「ごちそうさまでした!」

 

 

はたして猫にたどり着くのか…

次回へつづく…

 

今回の訪問スポット

◯江戸ねこ茶屋を知ったのは…

Let's ENJOY TOKYO

https://www.enjoytokyo.jp/phones/?__ngt__=TT0e0d426fa006ac1e4a5b49w_OF7cA7iusq0tTZeIuUUf

 

国技館 相撲銘品館

https://shop.kokugikan.jp

 

◯両国江戸NOREN

http://www.jrtk.jp/edonoren/

https://m.facebook.com/ryogoku.edonoren.jrtk

 

◯刺身BAR かぶきまぐろ 江戸noren店

03-6456-1032

東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 1F

https://kabukimaguro.gorp.jp

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13202784/

 

◯東京商

http://shouten.tokyo

03-5637-8262

東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13203553/

【古事記】天地のはじめ2

前回→日本初のユニットは神様5柱グループ「別天神(ことあまつかみ)」。

 

さらに続いて神様どんどん大量発生。

そしてどんどん世界が形になっていきます。

 

実はこの神様たち…それぞれ土地ができていく過程の擬人化(擬神化?)なのです。

(ケーキのようにどんどん上に重ねていくイメージでどうぞ🎂)

 

お次はこの二柱。

でもこちらもすぐにお隠れになります。

1、国常立神(くにのとこたちのかみ・独神)…地上を守る神様。

これから物を乗せるためのベースの出来上がり

(・∀・) {ケーキの台紙を用意します

 

2、豊雲野神(とよくもののかみ・独神)…大地の成立、整備。

上にいろんなものをのせる準備ができました。

(・∀・){ケーキの完成予想図を見ます

 

 

ここからは男女一組。二人で一柱とかぞえます。

(めんどくさい)

 

 

3、宇比地邇神(うひじにのかみ)&須比智邇神(すひじにのかみ)…泥&砂の意味→土砂の神様。

土地ができます。

(・∀・) {下のスポンジケーキができました

 

4、角杙神(つのぐいのかみ)&活杙神(いくぐいのかみ)…生物の育成の神様(角→生える、活→生育)。

生物が繁りはじめます。

(・∀・) {スポンジとスポンジの間にフルーツ挟みます

 

5、意富斗能地神(おおとのぢのかみ)&大斗乃弁神(おおとのべのかみ)…この神様あんまり詳しくわかってないのですが、大地の凝縮、とされています。

土地が完成!

(・∀・) {スポンジを重ねてクリーム塗って…スポンジケーキ完成!

 

6、於母陀流神(おもだるのかみ)&阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)…これも諸説あり。おもだる→完成、あやかしこし→まあ!すごい!の意味。

つまり二人並べて現代語にすると「完成!!」

 

何が完成かというと…人!人間の体ができました。

(・∀・) {お次はイチゴを乗せていきます

 

7、伊耶那岐神(いざなぎのかみ)&伊耶那美神(いざなみのかみ)…男と女を象徴する神様。この二人がであったことが全ての始まりである…

(・∀・) {真ん中のイチゴには男の子と女の子の顔を書きましょうね、よーし、ケーキ完成!!

 

 

以上、世界ができてから人が現れるまで(一応みんな神様だけど)のケーキを作り上げた七柱のグループを・・・

神世七代(かみよななよ)』といいます!

人類(神類?)史上、二つめのユニットです。

 

 

 

天地のはじめ おわり

【古事記】天地のはじめ1

これは遥か昔の物語…

 

世界ができる最初の時、高天の原に三柱の神様が登場。

 

1.天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)…最初の神様…何の力を持つ、とかそんなんじゃなくてすべての根源とかこの神様自体が宇宙そのものとか…とにかくなんかすっげー神様。

 

2.高御産巣日神(たかみむすひのかみ)…2番目の神様。万物を産み出す神様。

 

3.神産巣日神(かむむすひのかみ)・・・3番目の神様。こっちも万物を生み出す神様。高御産巣日神と『創造神』ってユニット組んでる。

 

この三柱の神はみんな独神。

そして生まれてすぐにお隠れになるので形がありません。

 

さらに続いて二柱の神様が生まれます。

 

4.宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ・独神)…生命力の神様。

土地がまだ形になってないときに(油のように浮いてクラゲのように漂っているって表現されてる)、葦の芽が突き上げる如くにょきっと元気に出てきた神様。なので「葦牙(あしかび)」の名を持つ。

 

5.天常立神(あめのとこたちのかみ・独神)…神様の国をまもる神様。

 

ちなみにこの二柱も出て来てすぐお隠れになりました。

 

さて、この最初に生まれた五柱の神様ユニットを「別天神(ことあまつかみ)」と呼びます。

人類(神類?)はじめてのユニット結成。

 

 

古事記ポイント

・高天の原(たかまのはら): 神様の国。天上界。

・三柱: 神様の数え方は「柱(はしら)」。3人の神様だから、三柱(みはしら)。

・独神: 2体で1つの対の神様ではなく、独りで仕事できる神様。性別とか特にありません。読み方は、どくしんじゃないよ。「ひとりがみ」。パートナーいないから似たようなもんだけど。

・お隠れになる…古事記でよく出てくる表現。姿かたちはそこにないけど、確かに存在している…みたいな。おお、めっちゃ神さまっぽい。

 

 

次回へつづく